生活改善でAGA対策!原因を対策方法を知って薄毛のリスクを減らす

AGAの原因は男性ホルモンの分泌

男性は中年を過ぎると、AGAを発症し頭髪の量が減っていく人もいれば、白髪にはなるものの、頭髪の量はそのままという人もいます。

男性がAGAになる人とならない人に分かれるのは、テストステロンという物質が深く関わっています。

テストステロンは男性ホルモンの一種です。テストステロンは酵素の働きによってDHTという男性ホルモンに変換されます。DHTは、毛根を包んでいる男性ホルモン受容体と結合し、髪の毛の成長を妨げてしまうのです。

また、テストステロンの分泌量や、男性ホルモン受容体の感受性は遺伝によって変わります。遺伝によってはAGAになりやすくなります。

しかし、AGAの原因は遺伝だけとは限りません。生活習慣もAGAと関わりがあるのです。たとえば喫煙は血行を悪くして、髪の毛に栄養がいくのを妨げます。一方、適度な運動は血行を良くすることで、髪の毛の成長を助けます。

生活習慣の改善でリスクを減らす

AGAにはなりやすい人となりにくい人がいます。AGAは遺伝が深く関係していますが、生活習慣とも関わりがあるのです。

AGAになりやすい人は、肉中心の食事が多い傾向にあります。一方。AGAになりにくい人は和食を中心とした食生活を送っています。

和食の中心である魚や野菜には、頭髪の成長に必要な栄養素が含まれています。そのため、肉料理ばかり食べていると、髪の毛が栄養不足になり、薄毛になってしまうのです。

また、アルコールや喫煙、ストレスの蓄積なども髪の毛に悪い影響を及ぼします。生活習慣を見直し、AGAのリスクを減らしましょう。

肉料理はNG!髪に栄養を与える食事を心がける

AGAの対策は、症状が進行してからでは効果が少なくなってしまいます。髪の毛が薄くなっている気配を感じたら、早めに対策しましょう。

基本となるのは食生活です。栄養の取れた食事をしっかりと摂るようにしましょう。

現代人はバランスの悪い食生活を送りがちで、頭皮に良くないものばかり食べている傾向にあります。頭髪の成長にも栄養が必要です。そのため、食事で十分な栄養を摂ることが重要なのです。

AGAを予防するためには、バランスの取れた食事を心がけましょう。

適度な運動や頭皮のマッサージも有効

食事の改善以外にもAGAの予防策があります。AGAを防ぎたければ、適度な運動を心がけましょう。食事に気を配っていても、運動不足だと片手落ちになってしまいます。

また、頭皮のマッサージも効果的です。多くの人が対策と聞けば真っ先に直接頭皮にアプローチをすることを思いつくものですが、それは他のことがしっかりできた上で意味があります。食生活と運動に気を配り、その上で頭皮のケアを行うようにしましょう。