薄毛が気になったら病院に行きAGA対策を取る

病院に行くタイミング

AGA対策で病院に行くタイミングは、少しでも髪の毛が気になり始めたときです。

薄毛はいったん進行が始まると、なかなか元通りになりません。現状の維持は可能ですが、減った毛髪を増やすのはとても困難なのです。

したがって、AGAは進行してから病院に行っても、治療に時間がかかってしまいます。抜け毛などが増えてきたと実感した際に通院したほうが良いでしょう。

AGA対策の肝は、とにかく早めの行動です。早めの行動が毛髪の維持・回復には効果的とされています。

そのため、抜け毛が気になりはじめた瞬間が通院の頃合いとしては適切です。

タイミングを逃して薄毛が進行してしまっても、治療を行わないよりは良いので、思い立った時に病院に行きましょう。

病院の選び方

胎児が男の子だった場合、ジヒドロテストステロンの働きによって生殖機能が発達します。逆に言えば、ジヒドロテストステロンが正常に働かないと、生殖機能が正常に発達しません。女性がフィナステリドを使用して、男の子を妊娠、出産した場合、子供の生殖機能が欠落する危険性があるのです。