薄毛が気になったら病院に行きAGA対策を取る

病院に行くタイミング

AGA対策で病院に行くタイミングは、少しでも髪の毛が気になり始めたときです。

薄毛はいったん進行が始まると、なかなか元通りになりません。現状の維持は可能ですが、減った毛髪を増やすのはとても困難なのです。

したがって、AGAは進行してから病院に行っても、治療に時間がかかってしまいます。抜け毛などが増えてきたと実感した際に通院したほうが良いでしょう。

AGA対策の肝は、とにかく早めの行動です。早めの行動が毛髪の維持・回復には効果的とされています。

そのため、抜け毛が気になりはじめた瞬間が通院の頃合いとしては適切です。

タイミングを逃して薄毛が進行してしまっても、治療を行わないよりは良いので、思い立った時に病院に行きましょう。

病院の選び方

胎児が男の子だった場合、ジヒドロテストステロンの働きによって生殖機能が発達します。逆に言えば、ジヒドロテストステロンが正常に働かないと、生殖機能が正常に発達しません。女性がフィナステリドを使用して、男の子を妊娠、出産した場合、子供の生殖機能が欠落する危険性があるのです。

AGAになったらあわてず育毛剤で対策を取る

育毛剤で対策を取るタイミング

抜け毛が増えたなどのAGAの症状を感じたら、すぐに育毛剤を使いましょう。

AGAは放置すると、どんどん進んでしまうからです。

また、AGAを発症する前からケアを開始するのも良い対策といえます。

AGAは進行性で、抜け毛が増えてから育毛剤を使っても効果は半減してしまいます。

ある程度、毛根が元気であれば、成分が浸透してまだ抜けなくてもいい毛が成長するので、効果を感じやすいです。

そもそも、抜け毛とは、毛周期と呼ばれるサイクルが短くなって、成長しきる前に毛が抜けてしまうことで起こります。

AGAは気付かないうちにどんどん進行します。また、薄毛になってしまうと、復活させることは困難です。

育毛剤は、できるだけ早いタイミングで使うようにしましょう。

育毛剤の選び方

AGAの予防はマッサージや有酸素運動

頭皮マッサージでAGAの予防をする

頭皮マッサージは、AGAの予防策として有効です。

AGAの原因は、脱毛を促進する男性ホルモンの影響によるものだとされています。

しかし、それ以外にも、頭皮環境の悪化により抜け毛が助長される場合があります。

マッサージは、血行を良くし、必要な栄養素を頭皮に行き渡らせ、毛髪を健やかにしてくれます。

また、適度な刺激が頭皮に与えられるので、頭皮のターンオーバーが促進され、毛穴の詰まりや古い角質を除去できるのです。

しかし、やり過ぎると頭皮にダメージを与えてしまい、薄毛を進行させてしまう可能性があります。

マッサージを行う際は、自分が心地よく思える力加減で、やり過ぎないようにしましょう。

マラソンなど有酸素運動を行う

ジヒドロテストステロンは女性の体内でも分泌されるため、フィナステリドは一見すると、FAGAに有効に思えるかもしれません。しかし、女性の体内のジヒドロテストステロンが抑制されると、胎児に大きな影響を及ぼします。

日々の食事を見直してAGAを予防する

食事による効果

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれています。年齢に関係なく、若い人でも発症することが多いです。

AGAは、進行してしまうと食い止めるのに時間がかかってしまいます。

AGAが判明すれば、早期に対策を練る必要があるのです。

AGAを予防するには、生活習慣の見直しや食事の見直し、ストレス解消などが必要となります。

特に、食事においては脂っこいものなどを食べてしまうと毛穴が詰まり、汚れが付きやすくなるので、抜け毛の原因となってしまうのです。

きちんとした食事を3食摂ることで、必要な栄養素を頭皮に送れます。

また、食生活を整えることによって、体の変化がみられるようになり、体調も整うのです。

体調が整うと自律神経も整って免疫力が上がり、ストレスもたまりにくくなります。結果として、抜け毛の予防となるのです。

体の変化を見落とさず、食事を見直すことで、AGAの予防ができます。

AGA予防に必要な栄養素